無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
お正月

あけましておめでとうございます。
年が明けてようやくクリスマスの飾りを撤去しました。
欧米は年明けまで飾ってるからまぁいいか〜なんて思っていましたが、やっぱり元旦にツリーって違和感がハンパない。
私の大和魂がどうにも許さず、今日の午前中に模様替えをしました。
正月の飾りつけは3年前とほぼ同じですが、やっぱり日本のお正月って感じがしてしっくりくる〜。

ちなみに昨日までのクリスマスデコはこちら。
iPhoneImage.png
iPhoneImage.png

今年も子供と一緒に初詣へ。
3年前、こんなにオチビだった息子も…




こんなにデカくなりました。
一昨年の秋頃から声変わりが始まり同時に反抗期も訪れ、この撮影の際も
「もっと看板に寄って〜」という私の声を完全に無視していました。
まぁ、一緒に初詣に行ってくれるだけまだマシか。

おみくじは末吉でした。
秋にならないと幸せが訪れないらしいです。

今年の抱負は『心を豊かにすること』。
年々、心が貧しくなってきているので。
難しいなぁ。


 
| ヒエラルキーピルピル | 日常 | - | - | - | - |
2014年振り返り


2014年が終わってしまう。

今年は仕事に一生懸命励んだ一年でした。
4月に部署異動になり、新しい仕事を覚えることに。
仕事の内容は、某大手電気通信事業者の回線工事のスケジュール管理と、顧客や営業担当者への工事日程のアポ入れ。
そう、またもや苦手な電話業務をやることになったのである。
前の職場もその前の職場も電話の仕事で、向いてないわーつって辞めてるのに。
まぁ、電話の他にCADもやれる、と言う転属先の部長の甘い言葉に釣られて異動したワケですが。
結局、CADの仕事は無かった。あまりにも量が多いから他所に頼んだみたい。

電話業務は10か月続けて慣れたっちゃ慣れたけど、やっぱり苦手。
威圧的だったり、忙しくていつもイライラしている相手に電話する時は未だに緊張して胃が痛くなる。
その代わり、感じの良いお客さんや真っ当な対応をしてくれる営業の人とスムーズに話が出来た時は、溜まっていたストレスがス〜ッと消えていく感覚がある。
電話の仕事とか接客業ってこの部分があるから続けられるんだなーと思う。

業務量は前述したアポの他に、何種類もあるエクセルの管理表や専用のシステムでの入力作業やメール処理、完了した工事の報告書作成など、事務的な作業もたくさんある。
慣れるまでは本当にトイレに行く暇も無いほど、一日中みっちり業務に追われていた。

忙しすぎて何度か頭も心もパンクしそうになったけど(過去に2人この仕事で鬱病と自律神経失調症に罹っているらしい)これまでの自分の職歴の中で一番やり応えのある仕事だった。
この仕事のおかげで色んなスキルが身に付いたと思うし、一番大きかったのは仕事の成り立ちを勉強出来たこと。
世間知らずな私に色々と教えてくれた上司には本当に感謝している。

悔いの無い仕事が出来たし、まだまだ色んな仕事をやってみたいので来年は転職を考えている。
| ヒエラルキーピルピル | 仕事 | - | - | - | - |
カレンダーのブックカバー


貴重な2連休もあっと言う間に終わってしまったー。
最近の休日は昼まで布団に入っているから余計に短く感じる。
あと1日休みが多ければだいぶ違うんだろうな。

1月の半ばから企てていたこと。
それはカレンダーをブックカバーにすること。
捨てる時に勿体ない気持ちになるような素敵なデザインのカレンダーはこんな活用方法もある。

包んだ本の中身は『自負と偏見』。
『高慢と偏見』というタイトルの方が有名だ。
今日の通勤時からさっそく読み始めている。
訳は中野好夫。
色んな人が訳しているけどこれが当たりだったのかどうかは、読み進めていけば分かるだろう。

普通の厚さの単行本が2冊分くらいのボリュームがあるから、通勤時にしか読書をしない私がこの本を読み切る頃には雪が溶けているかもしれない。
| ヒエラルキーピルピル | 雑記 | - | - | - | - |
恵まれた環境


前回の投稿から一か月も経ってしもうた。
もう2月じゃないか。はやーやばー。

昨年末で辞めた(契約更新に至らなかった)同じ派遣会社の子が担当していた仕事を私が1月から引き継いでいる。
彼女はド天然の不思議ちゃんで、いつもぽわぽわしていたため(?)あまり仕事ができるほうではなかった。
だから彼女がいつもいっぱいいっぱいで残業してまで仕事をしているのは、彼女の能力不足のせいかと勝手に思っていた。

ところが実際に業務を始めてみると、想像以上に大変だった。
簡単な仕事だとは思ってはいなかったが、自分ならもう少しテキパキとこなせるもんだと思っていた。
週末は作業量が平日の2倍〜3倍に増えるのだが、引き継ぎ1週目の週末は2時間残業をしてやっと終わらせることが出来た。

「これはちょっとヤバイぞ」と感じたので、その週の休日に現時点での問題点とその理由、改善策を紙に書き出し週明けから早速実行してみた。
これが案外効果的で、2週目の週末は定時までに終わらせることが出来た。
1か月やってみてだいぶ慣れはしたが、自分の好きな仕事ではないな…と感じている。
なぜ「好きではない」のかを考えるべきだとも思う。

この仕事に加え、もともと私がやるべき仕事もようやく手を付けられる状態になったので双方同時進行でやっている。
先週は毎日2時間の残業が続き、昨年までのんびりペースでやっていた自分にはちとツラい日々だった。
3月末くらいまではこの調子で残業をすることになりそう。
ちゃんと睡眠を取らないとこなせないだろうな。

残業をして帰宅をすると、自分の好きなことをやる時間などほとんど無い。
給料=拘束時間料だなーとつくづく思う。
だからこそ仕事は精一杯楽しんでやらなきゃ損。
楽しむ余裕もないほど追いつめられた環境を経験したからこそ、今の職場で働けることへの感謝を忘れないようにしなきゃ。
最近はそれがどんどん薄れてきているから要注意だわー。

大仏の写真は、クリスマスカードを送った友達から届いた寒中見舞い。
昔からとても面白い子だったが、大人になって立派なところに勤めて一児の母になった今でもこういうヘンテコなセンスは健在のようでうれしい。
| ヒエラルキーピルピル | 仕事 | - | - | - | - |