無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
明治「チョコまで焼いたたけのこの里」を食べてみた。
発売日からだいぶ経っていてずっとレビューしなければ、と思っていた商品。
「チョコまで焼いた たけのこの里」です。

たけのこ.jpg
発売日:2012年6月19日
価格:210円前後
内容量:40g(標準7粒入り※今回買ったのは8粒入り)

開封してまず驚いたのが、個別包装だということ。
これをやられると、とても数が少ないような気がして一気にテンションが下がります。
「だーかーら日本は過剰包装だなんて言われるんだよっ(`⌒´♯)ノ」
などと荒ぶりながらも開封してみると、これまた驚き。
デカい。
袋の大きさからある程度の大きさは予想していたけど、こんなにデカいんだぁ〜。

店で買うときにはちゃんと見ていなかった箱をよくよく見てみると、隅っこにちゃんと
「大粒」
標準7粒入り

と書いてありました。
takenoko.jpg
今回買った箱には8粒入っていました。
ということは、7粒入りの場合は個々がもう少し大きくなるということだろうか…
どんだけや…

食べてみて、すぐに思ったのは
「これって『こんがりショコラ』やん。」という感想。

こんがりショコラ…私も実は名前を忘れていてネットで調べたら出てきました。


当時のCMにはともさかりえが出てたんだ〜懐かしい。
「ともさかりえ 森永 こんがりショコラ」

このお菓子、けっこう好きで何度もリピートしていた記憶がある。
でも、いつの間にか店頭から消えていた。

最近、スーパーのお菓子売り場に行っても全然食べたいお菓子が見つからないのは年を取ったせいかと思ってたけど、それだけではなかった。
好きだったお菓子がどんどんお店から消えているからなんだぁ…(´;ω;`)

私が美味しいと思うお菓子ってそんなに突飛なものではないよ?
至ってスタンダードな嗜好だと思うよ?
でもなんですぐ消えてしまうん?

ちょっとメランコリーな気分になってしまいましたが、確かに「チョコまで焼いたたけのこの里」は「こんがりショコラ」にちょっと似ている。
チョコを焼けば大体どれもこんな味になるのだろうか。


脱線しましたが、本題の「チョコまで焼いたたけのこの里」の味は…
とても良い味です。
チョコとクッキーを別々に食べてみたら、クッキーの部分はとてもシンプルで素朴な味でした。
自分で焼いたクッキーのような味がします。(もう何年も焼いてないけど)


そして…
また買いたい度:★★★☆☆(3)

味はイイし、この季節に溶けないのも良い。
でもちょっとデカすぎるのがなぁ…
個別包装だから人に配ったりするのには便利かも。
| ヒエラルキーピルピル | お菓子レビュー | - | - | - | - |
ハリボーグミ

この前の「気になるあの人」という記事で書いた栗原類くんが好きなハリボーグミ。
色んなところで彼がグミの話をしているのを聞いて私も無性に食べたくなって買って来ました。

ハリボーはアメリカではなくドイツのメーカーなのね。
クマの形の「ゴールドベア」が一番有名ですかね。


その他にも色んな種類が出てるけど私は写真の「フレッシュコーラ」「グレープフルーツ」が好きです。
日本のお菓子にはあまりない砂糖のごってり感がたまらない。
食べ出したらけっこう病みつきになってしまう。
グミって、口の中でいろいろ弄びながら食べると美味しいね。


| ヒエラルキーピルピル | お菓子レビュー | - | - | - | - |
明治「チョコカール」を食べてみた。
久しぶりのお菓子レビュー。
最近なかなか記事にしたいお菓子に出会っていなかったのですが、久々にスーパーで二度見してしまった商品に巡り合いました。

それが今回の「チョコカール」です。

このチョコカール、私は初めて見たのですがネットで調べてみたら2005〜2006年頃にも発売していたようです。
参考サイト:サラネさんGarbagenews.comさん関心空間さん

そして2007年には伯方の塩を使用した「塩チョコカール」なるものも発売していたみたいです。

更には2011年の9月頃のレビューも多々見受けられ…って去年じゃん。
あの頃、スーパーでは注意深く新作チョコに目を光らせていたつもりだったのに、私としたことが完全に見逃していたようです。

今回、スーパーでこの商品をパッと見た時に
えっ!あのカールにチョコかけちゃったの!?と思いました。

そうです。
あのチーズ味のカールにチョコをまぶしたのかと勘違いしてしまったのです。
二度見してしまった理由はこういうことだったのです。
同じ勘違いをした方は多いのではないでしょうか。
先入観というやつですね。

でも違いました。(当たり前)

パッケージの説明によると
「サクサクのココア味のカール」に
まろやかなミルクチョコレートをコーティングした
と書いてあります。

中身を皿に出してみました。

普段の幼虫カールが黒っぽくなり、何とも言えぬ凄みがあります。
よーく見ていると、妊娠したときに見せられた超音波写真に写っていた胎児にも見えて少しほっこりしました。


そして断面図。

この写真を見て頂いたらわかるように、染みチョコではありません
(母体にチョコを染みこませたタイプの菓子の総称を"染みチョコ"と勝手に呼んでいます)

これが私的には今回一番がっかりしたポイントでした。

確かに昨今は、どのメーカーも次から次へと染みチョコ商品を発売して染みチョコ菓子が飽和状態になりつつある状態です。

しかし、さすがスナック界のドンことカールはその最近の流れに易々とは乗りませんでした。
チョコが染みていない代わりにコーティングの厚みがわりとあるな、と感じました。
染みチョコでは無いがチョコをケチってはいない、ということです。
染みチョコが嫌いな人にはちょうど良いかもしれません。

あと、もう一点。
普通のカールだと口の中に入れたあと、わりとすぐに溶けますよね?
このチョコカールは外側のチョコは当然固まっているので、口の中に入れてもすぐには無くなりません。
でも、大きさは普通のカールと同じか、チョコをコーティングしている分、サイズが少し大きくなっています。
一口だと、かなり食べ辛いです。

二口で食べようとしても、カール独特の幼虫っぽい形状のため半分に噛み切るのも簡単とは言えませんでした。
なので仕方なく気合を入れて一口で食べきりました。
大人の私でこれだから子供なんかはもっと大変でしょう。

私の結論。
この商品を開発した方や、好んで食べている方には申し訳ないのですが、
なんでこんな商品作ったの?
と思いました。すみません。個人的な感想です。

「チョコレートの明治」だけあって、味は悪くないです。
きっと口の大きな大人の男性なんかはワイルドに快活においしく頂けるかと思います。



明治カールのホームページ
http://www.meiji.co.jp/sweets/snack/karl/
| ヒエラルキーピルピル | お菓子レビュー | - | - | - | - |
チロル「もちもちきなこもち」を食べてみた。
今回食べたのは、「チロル もちもち きなこもち」です。



発売日:2011年10月18日
内容量:81g(7包)

毎年秋冬限定で発売される人気のチロルチョコ「きなこもち」と、モントワールのもちもちシリーズがコラボった!やりおった!
私、チロルチョコの「きなこもち」はいつぞやの秋に箱買いしたくらいです。(それっきり飽がきたのでもう秋が来ても買っていないですが。※ダジャレではありません

なんとこのコラボ、去年の春頃に第一弾が発売されていた模様。

うわっ!美味しそう!食べたかったーこれ。



そもそもこのモントワールのもちもちシリーズっていつからあったの?
ちょっと気になって調べてみたらモントワールの公式HPに載っていました

たかだか4年くらいで歴史とか言うのはちと大袈裟だと思いますが、多種多様な味がリリースされていたのですね。
私も初期の頃に出たのを何種類か食べたことがあります。



そして、今回のチロルチョコ「きなこもち」とのコラボですが、食べた感想は…

美味しいです。
想像通りの味でした。
ある意味、意外性はゼロでした。
餅とチョコの間に挟まれたマシュマロがとても良い仕事をしていると思います。

ただ、残念なところが一点。

中に入っている肝心の「きなこチョコ」。
これが何となくモサッとしているのです。

寒い場所に置いてあったからチョコが固まってるのかな?
と思って、室温25度くらいの部屋に半日置いた状態で食べてみましたが、結果は同じ。
外側の餅とマシュマロがモッチィ〜トロ〜ンとしているだけに、モサッとしたチョコが異物感丸出しになっているのです。

これはいかん。たった7個しか入っていないのだからもっと美味しく食べたい!
と思いまして、ストーブの上にアルミホイルをのせてその上で5〜6分程度温めてみました。
(オーブントースターでもOKだと思います)

結果。
皆さんご存知のとおり餅は温めるとトロ〜ンとします。
無論、今回も同じ状態になりました。
マシュマロもトロトロにとろけ状態です。
そして肝心のチョコですが、溶けていたのでしょう、嘘みたいな話ですがまったく存在感がありませんでした。 これには私もびっくりでした。
温める前はあんなに自己主張していたのに。

しかし、前回の「コアラのマーチ焦がしミルク」も同じですが、温めて不味くなることはないと言えます。
お好みで、きなこチョコ「自己主張バージョン」と「餅らと同化バージョン」をお楽しみください。


| ヒエラルキーピルピル | お菓子レビュー | - | - | - | - |