無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
8年目の生まれ変わり

8年前から家で育てているコンシンネの枝が一本、枯れて死んでしまった。
もともと枝は三本あり、去年まで細々と生きていた二本の枝のうち一本が先に枯れ、後を追うように二本目も逝ってしまった。

でも、これは悲しい出来事ではない。

なぜなら、一本目が枯れた後に、新しく瑞々しい葉が出てきたからだ。
8年目にしてこんな世代交代があるとは思っていなかった。
先に死んだ二本の枝の分まで伸び伸びと元気に育って欲しい。


コンシンネは観葉植物の中でも育てやすい種類らしい。
買った時は20cm程度だったが、今は一番長い枝で80cmくらいまで伸びた。
これ以上大きくする気は無いので鉢はもうずっと替えていない。
コンシンネからしたら窮屈かもしれない鉢の中で、それでもこうやって新しい葉を出してくれたのが嬉しいし、愛おしい。

植物はこういうちょっとした感動があるところが、良い。
| ヒエラルキーピルピル | 日常 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |