無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
花を買って帰ろう
週末になると気分が明るくなって花を買って家に帰りたくなる。

いつものお店に冬には無かった色合いの花が並んでいたので買って来た。
私は花の名前に明るくない。
カスミソウくらいなら分かるが他の花の名前が出てこない。
せっかく買った花の名前も知らずに枯れゆくのをただ見守るだけなのも寂しいので、こういう時に頼りになる母に写真を送って教えてもらった。

スプレー菊、アルストロメリア、スイートピー。

スイートピーってこんな花だったっけ。

ピンクと紫のグラデーションがとても綺麗だ。
ひらひらのフリルのような花びらも可愛い。
アルストロメリアの古ぼけた感じの配色も好きだなぁ。

この前、本屋で色からその花を探す本があって買おうか買うまいか小一時間悩んだ挙句、結局買わなかった。
あんな本が家にあればきっと花を買うたびに楽しみが増えるに違いない。

外はまだまだ冬だからせめて家の中で春を鑑賞しよう。





 
| ヒエラルキーピルピル | 雑記 | - | - | - | - |
N速民の平均的な一日(コピペ)
 59: ダークマター(千葉県):2012/03/13(火) 20:01:50.70 ID:rgrR03sg0
N速民の平均的な一日
10:30 愛車のポルシェ(1000万円以上)でフレックス出勤。ジーパン姿でホットドック片手に会社の玄関に到着。
10:45 ベルリン支社に早口のドイツ語で米国債300億ドルの売り注文をするように指示
10:50 社員専用のスタバで高級コーヒー。出向中のイギリス人と早口の英語で談笑。
11:30 昼休み。美人OLを連れて健康志向の高級ランチ(@4000円)を食べる。その後出向イギリス人と社員専用のグランドでクリケット対決。
14:30 昼休み終了。外人役員の前で、早口の英語で新しい金融商品のプレゼン。役員は大喝采。
     COOLに立ち去るが、部屋を出て資料補助の美人OLとハイタッチ。
15:15 ベルリン支社より、午前の国債取引で40億ドルの利益が出たとの報告メールを確認、小さくガッツポーズ。
    それを美人OLが目撃、クスリと笑う。照れ隠しに爽やかなウインクで返す。
    それを受け、美人OLから社内メールが届いてた。【タイトル】ばーか(笑)【本文】取引成功おめでと!
15:20 社員専用のスタバへ、キックボードで移動。出向中のドイツ人と談笑。話題は「MBA留学時代の思い出話」
16:00 フレックスなので退社。ポルシェでジムへ直行、みっちり2時間体を鍛える。
18:30 美人OLと待ち合わせ。
18:35 歩いているとでかい水溜り発見。20万のコート水溜りにサッと敷いて「姫、おとうり下さい」。高級ディナー(@35000円)。
20:00 シティホテルのスイートルームで美人OLと濃厚なセックス。
21:00 イキまくってまだ痙攣している美人OLを尻目に、COOLにホテルを出る。
21:20 帰宅。シャワーを浴びて真っ白のバスローブに着替え、片手には高級ワイン。高級葉巻をいっぷく。ひざには黒猫。
21:30 パソコンの電源を付け、仕事スレに「残業おわた たいしにたいしに 発泡酒とコンビニ弁当食う@35歳ハゲ」と書き込み。
22:30 ブランデーグラスと皿を全自動食器洗い機にほうりこむ。仕事スレに「土曜のヘルスだけが楽しみ @35歳ハゲ」と書き込み。
24:00 NYの株価をチェック。貯金の70万ドルで取引し、1時間で5万ドル稼いだ。
24:30 「早く寝なさい」のAAコピペを貼り、パソコンを切る。ドイツ留学中の彼女と電話し、就寝。



81: フォボス(東京都):2012/03/14(水) 00:35:24.79 ID:avMm1yhn0
>>59
21:30からひどいなwww
| ヒエラルキーピルピル | 雑記 | - | - | - | - |
大正時代のお葬式
大正時代のお葬式

夕食のあと、母が自分の部屋から持ってきた写真。
大正時代の写真らしい。
一体どこから見つけてきたのか知らないが、こんな古い写真が家にあったのかと驚いた。

この写真には、母の祖母と、母の祖父と、母の父が写っている。
母の祖母も母の祖父もまだ若い。
母の父はもっと若く、きっと今の私の年齢よりもまだ若いだろう。
何だか変な感じだ。
母の父の嫁である母の母、すなわち私の祖母は何故だか写っていない。
ちなみにこの写真に写っている母の祖母と母の祖父の娘が母の母である。
この写真に写っている母の父は、この写真に写っていない母の母の婿である。

この写真はお葬式の写真だ。
真ん中に写っている御輿のようなものが当時の棺らしい。
現代は遺体を寝かせて入れるのが一般的だが、当時は座らせて入れていたらしい。
いわゆるそれは「座棺(ざかん)」と呼ばれるもので、まだ火葬が主流ではない頃、土葬をする際によく用いられていたそうだ。
「棺おけ」という言葉を今まで違和感なく使っていたが、それは座棺の形が由来になっているらしい。

写真を見ると白装束を着ている参列者がたくさんいる。
今は白装束と言えば故人に着せるものであるが、当時は参列者も着るような風習があったらしい。
白装束の中に背広の襟のようなものが見えている男性がいる、ということは白装束は式の途中で義務的に着るものだったのかもしれない。
しかし、白装束に中折れ帽を被っている男性陣たちは、そのミスマッチさを自覚していたのだろうか。

写真一枚にしても、これだけ古いといろいろな発見があって楽しい。


| ヒエラルキーピルピル | 雑記 | - | - | - | - |